研究室紹介

教員紹介

※スパム対策のため、メールアドレスの(a)を@に書き換えてご送信ください。

科学技術コミュニケーション研究室

写真:三上 直之 准教授

三上 直之 Mikami Naoyuki

准教授/博士(環境学) 専門分野:科学技術コミュニケーション・社会学

mikami(a)high.hokudai.ac.jp

食の安全や環境など、科学技術に深くかかわる社会的な問題を、専門家や一般の人々の対話により解決していく方法について、社会学の視点から研究しています。遺伝子組換え作物やナノテクをテーマとする市民参加型会議を、研究の一環として自ら企画・運営するなど、科学技術コミュニケーションの実践の場に根ざした問題意識や考察を重視しています。


写真:川本 思心 准教授

川本 思心 Kawamoto Shishin

准教授/博士(理学) 専門分野:科学技術コミュニケーション・科学技術社会論

ssn(a)sci.hokudai.ac.jp

専門家や市民は科学技術をどのようにとらえているのかを、主に量的分析を用いて明らかにすることで、科学技術コミュニケーションのマクロレベルでの可視化を目指した研究を行っています。また、大学におけるコミュニケーション教育/実践や、地域社会における技術導入をフィールドとしたアクションリサーチにも取り組んでいます。

科学基礎論研究室

写真:松王 政浩教授

松王 政浩 Matsuo Masahiro

教授/博士(文学) 専門分野:科学哲学・科学技術倫理

matsuou(a)sci.hokudai.ac.jp

科学哲学に期待される一つの大事な役割は、科学をより開かれた知識にすることだと考えます。ここで「科学を開かれたものにする」とは、科学の内容をかみ砕いて易しい言葉で説明し直すということではなく、科学が用いている方法を、たとえば「モデル論」というもっと普遍的な視点で捉えて、その確からしさや妥当性について、科学者以外の人にも検討可能な状態にすることを意味します。こうした方向で科学と社会のつながりを築くことが本研究室の課題です。

博物館教育・映像学研究室

湯浅 万紀子 教授

湯浅 万紀子 Yuasa Makiko

教授/博士(文学) 専門分野:博物館教育学・文化資源学

m-yuasa(a)museum.hokudai.ac.jp

博物館における体験が人々に与えるインパクトを長期的に評価する調査研究に取り組んでいます。認知面での学習効果に限らない多様なインパクトを明らかにすることで、博物館体験の意味、社会における博物館の存在意義を考察します。北大総合博物館の学術標本、研究者、学生という独自のリソースを生かした教育研究プログラムを行います。


写真:藤田 良治 准教授

藤田 良治 Fujita Yoshiharu

准教授/博士(情報学) 専門分野:博物館映像学

fujita(a)open-ed.hokudai.ac.jp

専門は、博物館と映像の関係性に着目した新たな研究分野である「博物館映像学」です。博物館映像学は、映像を学術標本と捉え、映像を収集・保存し、その活用について研究するものです。時間や空間の再現でもある映像はコミュニケーションにおいても有益で、「見てわかる」情報伝達ツールです。多様な視点で映像に関する研究を積み重ね、博物館における映像の活用の幅を広げていきます。

科学教育研究室

="写真:鈴木 誠

鈴木 誠 Suzuki Makoto

教授/博士(教育学) 専門分野:生物教育・教育評価・解剖学(両棲類)

makosuzu(a)high.hokudai.ac.jp

私は、児童や生徒の学ぶ意欲をどのように捉えるか、またどのようにすれば学ぶ意欲を引き出すことができるのか、Banduraが明らかにした自己効力(Self-efficacy)から分析しています。同時に意欲を引き出す直接体験の意義について、精緻な系統解剖を通した学習指導や授業のデザインについても研究しています。長年にわたるフィンランドの理科教育の調査は、それらの中から派生したものです。意欲という人の根源的な、また禁断の園と呼ばれる領域を共に学んでみませんか?


写真:細川 敏幸 教授

細川 敏幸 Hosokawa Toshiyuki

教授/博士(医学) 専門分野:高等教育・神経科学

thoso(a)high.hokudai.ac.jp

高等教育に関する多くの研究を行っています。対象は、大学で行われる教育に関するすべてのこと、すなわち入学試験から始まり大学院の教育までが含まれます。大学院の講義では、科学技術教育の歴史と背景、e-learningの実際、FD研修、教育手法、統計学などを担当します。


写真:池田 文人 准教授

池田 文人 Ikeda Fumihito

准教授/博士(工学) 専門分野:知識デザイン

fumike(a)mail.sci.hokudai.ac.jp

http://d.hatena.ne.jp/mitafuri/

ムーミン物語には教育の秘訣が隠れています。それは子どもたちの自立です。真の自立とは自分を認めるとともに他者をも認めることです。どんなに複雑な思考や計算ができても、どれだけたくさんの事を知っていても、他者との関わりの中で自立できなければ意味がありません。ムーミン物語のような教育を一緒に目指しましょう!


写真:重田 勝介 准教授

重田 勝介 Shigeta Katsusuke

准教授/博士(人間科学) 専門分野:教育工学・オープンエデュケーション

shige(a)iic.hokudai.ac.jp

様々な手法やテクノロジを用いた教育現場における課題解決を、実践することにより探究する教育工学分野の研究者です。学校や大学におけるICT 活用の実践研究や、インターネットを活用しより多くの人々に対して学びの機会を提供する「オープンエデュケーション」と呼ばれる活動の研究・実践に取り組んでいます。また、学内の情報教育やオープンエデュケーション事業にも携わっています。


山田 邦雅 Yamada Kunimasa

准教授/博士(理学) 専門分野:高等教育・物理教育

yamada(a)high.hokudai.ac.jp

大学の教育をより良くするために、多面的な視点・方法で活動を行っています。教育は理論的な基盤作りだけでなく、成功している先進事例を現場に取り入れ、さらに発展させてゆくことが大切だと思います。最近では、海外の大学調査をもとに日本の大学でのクリッカーの普及に努めてきましたが、それと並行して、選択式を超えた手書き解答型クリッカーの開発も行っています。